パレートの法則で学習
漢字検定(漢検)の勉強法1

漢字検定の受検と合格

パレートの法則でやってみよう


完璧主義は要りません。

パレートの法則とは、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が発見した冪乗法則です。

全体の2割程度の高額所得者が社会全体の所得の約8割を占める,という法則で、
俗に80対20の法則、2:8の法則、80-20ルールとも呼ばれます。

経済以外にも自然現象や社会現象等ほかのさまざまな現象にも適用できると考えられています。

不良全体の80%は、20%の原因に由来する」
「売上の80%は、全商品の20%が作る」
「売上の80%は、全顧客の20%によるものである」といった解釈がそれで、

このパレートの法則を試験勉強にあてはめてみると、本試験で出題されるような重要箇所の80%は、試験範囲全体の20%に集中しているということになります。

ですから、その試験に出る20%に努力を集中し、完璧に勉強すれば、試験で80点が取れるということになりますね。

実際に、『80対20の法則』の著者リチャード・コッチ氏は、オックスフォード大学時代にこの法則を利用して、最小限の努力で最優秀の成績で学位をとったそうです。

コッチ氏は、オックスフォードの過去の試験問題を調べてみたそうです。すると、問題の少なくとも80%(場合によっては100%)が、その学科に関する20%の知識で十分に答えられることがわかったと報告しています。

試験勉強をする上で大切なのは、その20%の範囲を見極め、そこを集中的に潰していくことです。

「その20%とは?」
それは、過去の本試験で出題されたところです。

ですから、過去問を集中的に行えばOKです。
チョコレートで漢字検定の資格取得チョコレートが学習力アップの決め手に!?



また、問題集は各予備校や出版社が過去の本試験も問題や出題傾向を分析して作成していますので、これも潰すべき20%の箇所です。

パレートの法則を読む?

漢字検定(漢検)過去問題集1級・準1級

漢字検定(漢検)過去問題集2級

漢字検定(漢検)過去問題集3級

漢字検定(漢検)過去問題集4級

漢字検定(漢検)過去問題集5級

漢字検定(漢検)過去問題集6級

漢字検定(漢検)過去問題集7級

漢字検定(漢検)過去問題集8級

漢字検定(漢検)過去問題集9級

漢字検定(漢検)過去問題集10級

漢字検定(漢検)に合格!日本漢字能力検定合格案内所
漢字検定(漢検)ガイド受験から合格まで 漢字とは?漢字の変遷・歴史 人名用漢字と不思議な人名のお話
合格発表・受験結果の合否確認法

受検(受験)の方法・試験の受け方

漢字検定(漢検の)受験級

漢字検定(漢検)の採点基準

漢字検定(漢検)国内受験会場

漢字検定(漢検)海外受験会場

コンピュータによる漢検受験CBT?

おすすめ!!漢字検定(漢検)無料問題集

漢字の成り立ち
象形文字・指示文字・会意文字・形声文字


漢字の画数・最も画数の多い漢字
子供の名前・男の子人気ベスト10

子供の名前・女の子人気ベスト10

回文式人名・上から読んでも下から読んでも

小学生の漢字力 資格取得のための勉強法・学習法 漢字検定(漢検)に役立つ動画集
小学の漢字の書き順

小学1年生の漢字分類表    小学4年生の漢字分類表

小学2年生の漢字分類表    小学5年生の漢字分類表

小学3年生の漢字分類表    小学6年生の漢字分類表

漢字検定の受検・良く出る試験問題

メルマガ(メールマガジン)で勉強

パレートの法則で学習

メルマガ(メールマガジン)勉強法

SQ3Rメソッドによる学習

エビングハウスの忘却曲線と学習

世界漢字検定

漢字検定(漢検)合格のための
You Tube(ユーチューブ)動画紹介ブログ


漢字検定に合格
通信講座のおすすめはやっぱりコレ!!